太陽光発電を取り付ければ、電気代が安くなって、その上売電までできちゃうので、お得!と思われがちですが、単純ではありません。

当然、メリット、デメリットがあります。

 

まず、太陽光発電をシステムを取り付ける必要があります。

屋根の大きさ、日当たりの場所などにより、発電量と、費用は違いがあるので、一概には言えませんが、一般家庭の平均的な設置費用は、200万円前後と言われています。

 

現在の、太陽光パネルは寿命が約20年と言われていますので、年間10万円の設備費用はかかります。

年数が経てば、劣化もするので、発電量が減って行く可能性があります。

 

メインテナンスも必要になるでしょう。

発電自体が、天気に左右されるので、雨が多い月、雪が多い月は、発電量が減ります。

 

メリットは、ズバリ電気代に関してです。

太陽光発電を取り入れていることで、電気料金自体が安い契約になるはずです。

 

電気使用量が多くない月は、売電が多くなるので、電気量を支払ってもプラスになります。

が、電気使用量が多い月は売電量を上回ることもあります。

 

年間で使用量と、売電料のバランスはついているパネルの大きさ、発電量が、日照時間等で変化します。

金額的に売電で儲けたい!という動機で太陽光発電をとりつけるのでしたら、熟慮した方が良いかもしれません。

 

緊急時用の自家発電のコンセントが増えるので、いざという時には電気を確保できます。

自然エネルギーを使ったエコロジー重視で取り付けるなら、お得と言えるかもしれません。

新規コメントの書き込み