光熱費は年20万円⇒年4万8千円に!我が家の太陽光発電収支

 

ilm2007_04_0113-s我が家では2年前に、自宅を新築する際に太陽光発電を導入しました。

 

太陽光パネル導入前と導入後では、どう変わったのか?

収支をご報告します。

 

Before:導入前 ⇒ 年20万円前後

 

太陽光発電導入前の我が家の、光熱費は、電気料金が冬場 1万円前後、夏場は、2万〜3万円(当方、沖縄なので、各部屋にクーラがあり、夏は、クーラなしでは眠れません。)でした。

 

子供たちが小さい頃は、一部屋で家族全員寝ていたので、夏場の電気料金もここまでではありませんでした。

一人一人が自分の部屋に寝るようになると、夏場の電気料金は、ちょっと頭の痛い問題でした。

 

その他に、ガス代が、毎月3千円〜4千円。

ボイラー代が、電気料金と反比例して、夏場は、2千円前後、冬場は1万円前後かかっていました。

 

年間で、20万円ほどかかっていたと思います。

 

After:導入後 ⇒ 年4万8千円前後

 

現在は、オール電化になったので、電気料のみ。

 

月の支払いは、1万円〜1万5千円。

売電での入金が、7千円〜1万5千円。

 

天気のいい日が続けば、光熱費は支払いなしか、払っても月3千円〜5千円というところです。

以前に比べれば、ずいぶん経費削減になってます。もしくは、プラスになってます。

 

太陽光発電の設置に340万円ほどかかりました。

 

計算の仕方は、いろいろだと思います。

年間20万円かかっていた光熱費が、ほとんどタダになっていると考えると、17年ほどで、設置料金を回収できる計算になります。

 

その間、なんの修理も必要ないと仮定してですが・・・

だた、パネルの保証期間が10年であること。年数が経過すれば、今のような発電量は見込めないかもしれないことを考えると、そううまい話ではないのかもしれません。

 

だた、地球に優しい、環境を考慮すると考えると、これもひとつの選択かなと思います。

ちなみに、我が家で導入した太陽光発電は、三菱さんの太陽光発電です。

新規コメントの書き込み