1. ホーム
  2. 太陽光発電の基礎知識
  3. ≫ イーサリアムとビットコインの違い、その将来性とは?

イーサリアムとビットコインの違い、その将来性とは?

イーサリアムとはビットコインに次ぐ次世代の仮想通貨で、今や投資家や開発者など様々な層の期待を受けている注目の技術です。
2013年12月から開発がスタートし、2015年7月に正式リリースされました。

 

そのイーサリアムとビットコインの違いについてご説明したいと思います。
まずビットコインでは取引金額を情報のかたまり(ブロック)で管理しており、
取引が行われるごとにチェーンのように連なった、いわゆるブロックチェーンで記録されています。

 

一方イーサリアムは、個々の取引金額・その取引に付随する条件なども記録することができるスマートコントラクトという技術を使用しており、
誰にいつ送金するといった情報が自動的に実行され、なおかつその内容はネットワーク上に保存されます。

 

過去の契約もネットワーク上で半永久的に保存されるため、より安全な仮想通貨取引が可能になっています。
取引内容は分散型ネットワークであるブロックチェーンに書き込まれ、不特定多数の目に晒されることになりますが、
それはつまり偽造や改ざんを行うことが困難であるということで、非常に信頼性の高いシステムであると言えます。

 

そんなイーサリアムの将来性についてですが、イーサリアムの今後に期待が持てるニュースがいくつかあります。
まずイーサリアムがあのマイクロソフトと提携したというニュースで、
このプラットフォームには、今後続々と大手金融機関も参入してくることが予想されます。

 

また映画「ソーシャルネットワーク」で有名となったウィンクルボス兄弟の運営している取引所で、イーサリアムの取引を開始したというニュースもあります。
このようにイーサリアムは徐々にシェアを拡大してきており、今後の将来性にも期待が持てると言っても過言ではないと思います。